今話題の海外不動産を購入してボロ儲けしよう

メンズ

民泊で安定した収益を

貯金箱

ノウハウのある業者を選ぶ

いわゆる民泊サービスのひとつとして、airbnbを始める方が急速に増えています。その一方で、始めてはみたが採算がとれず、赤字が続いて撤退するケースも少なくありません。空き部屋を有効活用して収益を上げられるとして人気のairbnbですが、経営にはそれなりのノウハウが必要です。損をしないためには、知識が豊富で実績のある代行業者を選ばなければなりません。airbnbでよくある失敗例は、募集をしてもゲストがほとんど来ないというケースです。これは代行業者の集客方法に問題があると考えられます。代行業者は主にインターネットで情報を発信しますが、物件の説明が不十分だったり、写真うつりが悪かったりすると、ゲストにアピールすることができません。どのような方法でゲストを募集しているのか確かめることが、業者選びのポイントのひとつになります。安易に設備の拡張を勧めたり、相場を考えずに宿泊料金を設定したりする代行業者も、収益力アップには貢献しません。airbnbには家具や家電などの初期投資と、光熱費や通信費などのランニングコストがかかります。収入とのバランスを考え、常にコストダウンを意識することが大切です。また地域によってはゲストの奪い合いになるため、宿泊料金の設定は収入を大きく左右することがあります。これらの情報に詳しく、経営面でもアドバイスを受けられる代行業者が望ましいでしょう。airbnbといえども、不動産経営の一種であることを意識してください。